天理大学ソフトテニス部

沿革

2017 (平29)
2016 (平28) ・藤善尚憲 名誉監督 ご逝去
・植谷元 前球友会 会長 ご逝去

・女子 西日本学生大学対抗優勝(十二回目)
・球友会会長に伊藤繁雄(昭和47年卒)就任
・球友会会長植谷元勇退。
2015 (平27) ・男子 西日本学生大学対抗優勝(十七回目)
2014 (平26)
2013 (平25)
2012 (平24) ・男子 大瀬裕規(昭48年卒)監督就任 ・藤善尚憲監督勇退、名誉監督となる
2011 (平23) ・テニスコート 砂入り人工芝に改修(全4面砂入り人工芝に)
2010 (平22) ・味波政一部長退任、吉田広一部長就任
2009 (平21)
2008 (平20) ・天理大学軟庭OB会を天理大学ソフトテニス球友会に改称
2007 (平19)
2006 (平18) ・女子 西日本学生大学対抗優勝(十一回目)
2005 (平17) ・男子 西日本学生大学対抗優勝(二連覇・十六回目)
・男子コーチ 松原豊広就任
2004 (平16) ・男子 西日本学生大学対抗優勝(十五回目)
    全日本学生王座決定戦優勝(十一回目)
2003 (平15)
2002 (平14) ・藤善尚憲天理大学退職、名誉教授となる
 ソフトテニス部長退任、味波政一部長就任
2001 (平13) ・男子 西日本学生大学対抗優勝(四連覇・十四回目)
    全日本学生王座決定戦優勝(五連覇・十回目)
2000 (平12) ・男子 西日本学生大学対抗優勝(三連覇・十三回目)
    全日本学生王座決定戦優勝(四連覇・九回目)
    全日本学生大学対抗優勝(五回目)
(男子 日本学生大学対抗戦全五冠優勝達成)
・女子コーチ 成田(曻)扶美代就任
1999 (平11) ・男子 西日本学生大学対抗優勝(二連覇・十二回目)
    全日本学生王座決定戦優勝(三連覇・八回目)
1998 (平10) ・男子・女子 西日本学生大学対抗アベック優勝(男子11回、女子二連覇10回目)
・男子 全日本学生王座決定戦(二連覇・七回目)
    全日本学生大学対抗優勝(四回目)
    全日本一般(総合)王座決定戦三回目
(男子 日本国内団体対抗戦全六冠優勝達成)
1997 (平9) ・テニスコート 砂入り人工芝に改修
・女子コーチ 吉村美喜就任(2000年まで)
・男子 全日本学生王座決定戦(六回目)
・女子 西日本学生大学対抗優勝(九回目)
1996 (平8) ・男子 西日本学生大学対抗優勝(二連覇・十回目)
1995 (平7) ・男子 西日本学生大学対抗優勝(九回目)
    全日本王座決定戦優勝(一般・総合)二回目
・女子コーチ 西尾暁子就任(1997年まで)
1994 (平6) ・男子 全日本学生王座決定戦(三連覇・五回目)
    全日本学生選手権シングルス初優勝(渡海)
・男子コーチ 小牧幸二就任(2005年まで)
1993 (平5) ・男子 西日本学生大学対抗優勝(二連覇・八回目)
    全日本学生王座決定戦(二連覇・四回目)
1992 (平4) ・男子・女子 全日本学生選手権ダブルスアベック初優勝(男女とも二回目)
・男子 西日本学生大学対抗優勝(七回目)
    全日本学生王座決定戦優勝(三回目)
    全日本選抜インドア(一般)初優勝(石橋・安村)
・男子コーチ 米田光宏(1994年まで)
1991 (平3) ・男子 全日本学生選手権ダブルス初優勝(小牧・梅田)
・女子 西日本学生大学対抗優勝(八回目)
1990 (平2) ・男子 西日本学生大学対抗優勝五連覇
    近畿一般選手権ダブルス初優勝(喜田・安村)
1989 (平元) ・男子・女子 西日本学生大学対抗アベック優勝四連覇(男子五回、女子七回目)
・男子 全日本学生大学対抗(インカレ)優勝二回目
    全日本一般(総合)王座決定戦初優勝
1988 (昭63) ・男子・女子 西日本学生大学対抗アベック優勝三連覇(男子四回、女子六回目)
・女子 全日本学生選手権ダブルス初優勝(米田・西嶋)
1987 (昭62) ・男子・女子 全日本学生大学対抗(インカレ)アベック初優勝
・男子・女子 西日本学生大学対抗アベック優勝二連覇(男子三回、女子五回目)
・男子 全日本学生王座決定戦二連覇
1986 (昭61) ・男子・女子 西日本学生大学対抗アベック初優勝(男子二回・女子四回目)
・男子 全日本学生王座決定戦初優勝
・女子 西日本一般選手権ダブルス初優勝(飯田・藤村)
1985 (昭60) ・クレーコートを全面アンツーカーコートに変更
1984 (昭59)
1983 (昭58) ・テニスコートナイター設置(南側2面)
・テニスコート・ハードコート(オールウェザー)に改修(北側2面)
1982 (昭57)
1981 (昭56) ・男子 西日本選手権(一般)初優勝(西森・金安)
・女子 関西学生春季リーグ戦初優勝
    関西学生選手権シングルス初優勝(中山)
1980 (昭55) ・男子 関西学生選手権ダブルス初優勝(林口・治田)
1979 (昭54) ・テニスコートナイター設置(北側2面)
1978 (昭53) ・女子 西日本学生大学対抗初優勝
・植谷元 天理大学軟庭OB会会長に就任
1977 (昭52)
1976 (昭51)
1975 (昭50) ・女子 関西学生選手権ダブルス初優勝(佐々木・石田)
    西日本学生選手権シングルス初優勝(家根)
・植谷部長退任(退職)、 藤善部長・味波監督就任
・天理大学軟庭OB会だより第一号発行
1974 (昭49) ・男子 西日本学生大学対抗初優勝
1973 (昭48) ・西日本学生シングルス初優勝(木田)
1972 (昭47) ・男子 関西学生春季リーグ戦初優勝
1971 (昭46) ・天理大学軟式庭球部(男女)海外初遠征(沖縄・台湾)
・男子 西山修コーチ就任(1973年まで)
1970 (昭45) ・男子 関西リーグ二部から一部へ昇格
・女子 関西リーグ四部から二部へ昇格
1969 (昭44) ・男子 関西リーグ三部から二部へ昇格
・女子 関西リーグ五部から四部へ昇格
1968 (昭43) ・味波政一、女子部コーチ就任
1967 (昭42) ・女子軟式庭球部結成。 関西リーグ七部参加
・天理大学軟式庭球部 部誌「 球友 」創刊号発刊
・天理大学軟庭OB会結成(尾谷雅治会長・上野利夫事務局長)
1966 (昭41)
1965 (昭40) ・コート田井ノ庄校舎創設(4面)
 軟式庭球部部長、西山部長から植谷元部長に
1964 (昭39) ・体育学部が田井ノ庄校舎に移転
・男子 関西リーグ戦三部に昇格
1963 (昭38)
1962 (昭37)
1961 (昭36)
1960 (昭35) ・男子 関西リーグ戦四部からスタート(西山実幾部長・藤善監督)
・軟式庭球部、旧本館前2面で練習
・藤善尚憲、東京教育大学(現筑波大)より赴任・助手(26歳)
1959 (昭34) ・天理大学は5チーム揃わず四部に降格
1958 (昭33) ・33年秋から関西学生リーグが開始。天理大学は三部に認定